私のブログはメインはアドセンスなんですけど、
その時のネタによってはASPの広告を貼って
収入を得ているんですよね。

で、先日アドセンスの記事を書いていた時に
これは絶対に売れる!
という商品を見つけたんです。

  • 病院に行くのは恥ずかしい
  • 薬局で薬を買うのも恥ずかしい
  • でも治したい
そんなお悩みを
通販で買える商品で解決できるなんて
買わない人はほとんどいないでしょう
ってくらいドンピシャ商品。

その商品を見つけた瞬間

キタ━(゚∀゚)━!

って思い、レビューするために即購入。
この手の商品は売れる可能性大です!

その商品の効果を確かめてもらうために
お父さんに使ってもらったんですよ。

これが思っている以上の効果を
発揮してくれまして!

よし!早速ブログ書くぞ!
っと気合も入ったのですが、

その商品効果がありすぎて
そのすごさをどうやって伝えたらいいのか?
訳が分からなくなってしまいまして・・・

と、言うのも記事を書く上で
『薬機法』というのがありまして
これにひっかからないように
書かないといけないんですよね。

今回紹介したかった商品はかなり効果が高く
長年悩んでいた悩みが
目に見えて治ってきたので
その感動をそのまま伝えたかったんですが

◯◯を使ったら1週間で効果があった!
○○で長年悩んでいた病気が治った!

こんな書き方をしたら『薬機法』にひっかかり
アウトになってしまうんですよ。

アウトってどうゆう事かって言うと

  • グーグルアカウントの剥奪
  • ASPの提携の解除

と、こんなリスクが付きまとってきます。

かといって『薬機法』にビビりながら
あいまいな表現ばかりだと
購買意欲下がってしまうじゃないですか?

効果があるようですとか
効くようですとか
何だかあいまいな表現・・・

こんな表現の仕方だと、
本当に効果あったのかよ(-_-メ)
みたいに疑われかねません。

今回だけじゃなく、
今までも何記事かビビりながら
同じように記事を書いていたので

商品の効果について上手く表現することが
出来なくて困る事がありました。

この商品もっと売れてもいいはずなのにな~って

『薬機法』ってかなり厄介です。
実際に試して効果があったのに
効果があったなんて言えないんですから…

じゃあ、どうやって
相手に購買意欲を下げないように
効果があったなんて表現をしなくても
商品の良さを伝えたらいいのか?

その答えがここにありました↓↓

アフィリ―ガルという
薬機法について学ぶことが出来る教材です。

今まで薬機法について教えてくれる
教材って見かけたことなかったんですが
これ、すごいです!

どのような表現をしたら
相手にその商品の効果や効能を
上手く伝える事が出来るのか
をかなり詳しく紹介してくれています。

アフィリ―ガルは動画と資料を見ながら学ぶ教材で
全部見るとちょっと長いのですが、

取りあえず
『○○に学ぶ表現テクニック』
ここを見ると

おおお!!
なるほど~!
つか、その表現そのまま使えそう( ̄ー ̄)ニヤリ
ってなります

こういうの欲しかった!
ってずっと思っていたので
即ポチしちゃいました!

しかもお値段も驚く程安い!

自分で本屋さんでこういった本を探して
お勉強してもいいのかもしれないですけど、

アフィリ―ガルは
アフィリエイターの為に作られた教材なので
知りたかった事がピンポイントで
知ることが出来ちゃいます。

早速アフィリ―ガルを参考にして
例の商品のレビューを
書いちゃおうと思います( *´艸`)

あ、アフィリ―ガル
期間限定販売なので欲しい人はお早めに